あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

*




【あんスタ攻略】メインストーリーレビュー:第五部「Ensemble」第百二十三話「覇道」

      2017/02/20

あんスタのメインストーリーをレビューする記事です。ネタバレを含みますので、ご自身で楽しみたい方はご注意ください。今回は第五部「Ensemble」の第百二十三話「覇道」です。

第五部「Ensemble」/第百二十三話「覇道」概要

シナリオライター 日日日
登場人物 姫宮 桃李、伏見 弓弦、天祥院 英智、日々樹 渉、朔間 零
時期

第五部「Ensemble」/第百二十三話「覇道」レビュー

壮絶な戦いが繰り広げられるステージ上。すぐれない顔をする英智くんを、桃李くんが心配しています。そんなときでも落ち着いている弓弦くん。舞台上でアクシデントが見られるのはまずいから、せめて投票が終わるまで堂々としていてほしいと、英智くんを励まします。

笑顔を見せる英智くんですが、そんな様子を見た零くんは、病弱アピールをしてお涙頂戴で投票を得ようという作戦かと皮肉ります。

軽く受け流しつつ、零くんを褒める英智くん。侮っていたわけではないけれど、ここまで追いつめられたのは生まれて初めてだと言います。こういうのを老獪と言うのだろうと、零くんを評します。

ちょっとした意趣返しだと零くん。苦しめ苦しめと言いますが、それでもこのあたりが限界、倒し切るにはまだ実力が足りないとのこと。それでも延長線にもつれ込んだこともあり、体力的には限界をすぎているだろうと英智くんに言います。

これまでのアッセイに屈してきた自分たちからの返礼だと言う零くん。それに対し、自分は間違っていないと返す英智くん。無秩序だったこの学院を変革するには、圧倒的な統治者が必要だった。皇帝としての役割を果たし続けてきた自分を後悔することはないと言うのです。もちろん、まだその座を降りる気はないとも言いますが。

弓弦くんの支えを断る英智くん。こうしてまたステージに立つのが、入院中からの夢だったとこの状況を堪能します。Trickstarなんて自分たちで十分だから無理をしないでと、桃李くんが声をかけます。

大丈夫たという英智くんですが、自分を支えるためにfineのメンバーも相当無理をしていると感じている様子。暴君のような自分を支えてくれた仲間に、これ以上の負担はかけられないと考えています。

まず手始めにUNDEADを、そしてTrickstarを処断しDDDを制する。この始末は自分でつけると言う英智くん。そんな姿勢を褒める渉くんですが、北斗くんに働きかけたことを咎められます。

「望んでいたことなのでは?」と返され言葉に詰まる英智くん。今は前に進むことしか考えられないようです。

【最後に】体力の限界?

メインストーリー第百二十三話、「覇道」のストーリーレビューでした。
激戦となった準決勝。fineが勝ったとしても体力は限界のようですが・・・

 - あんスタ攻略 ,