あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

*




【あんスタ攻略】メインストーリーレビュー:第五部「Ensemble」第百八話「後悔」

   

あんスタのメインストーリーをレビューする記事です。ネタバレを含みますので、ご自身で楽しみたい方はご注意ください。今回は第五部「Ensemble」の第百八話「後悔」です。

第五部「Ensemble」/第百八話「後悔」概要

シナリオライター 日日日
登場人物 氷鷹 北斗
時期

第五部「Ensemble」/第百八話「後悔」レビュー

ここからは北斗くん目線で話が進みます。

屋外ステージに居る北斗くん。自分は賢明な判断をしたはず。なのにどうしてこんなに虚しいのだろう。自分は何をしているのだろうと考え込んでいます。光り輝くようなステージを、ただ遠巻きに見上げているだけ。どうやらステージには上がっていないようです。
ansta108-1
そんな自分を、画面の向こうにある芸能界をぼんやり見ていた幼少期に重ね合わせます。北斗くんのお父さんは社会現象すら巻き起こした超一流のアイドル。お母さんは数々の賞を総なめにした大女優。そんな二人の間に生まれたサラブレッドが北斗くんなのです。

同然のごとく、両親からも周りの人からも、北斗くんが将来は立派な芸能人になると信じて疑いませんでした。芸能人としての英才教育が施され、学院のほかの生徒から見れば羨むような家庭環境で育ってきたのです。
ansta108-2
どんな指導も、教育にも、文句も言わずに取り組んできた北斗くん。すべては偉大な父や母に近づくためです。そしてその過程として夢ノ先学院にいる北斗くん。いずれ芸能界で花開くために。

舗装された道を一直線に、迷いなくロボットのように歩いてきたこれまで。しかし、そんな道にひょっこり現れた変な連中。スバルくんに真緒くんに真くん。偶然に出会い、足りないところばかりの未熟者たち。
ansta108-3
それでも、お互いの欠けたところを補い合い、魂を共有する同胞になったメンバー。その出会いは北斗くんのたどる道のりにとって回り道であったはずなのに。楽しくて幸せで、いつまでも一緒にいたい。そう思わせるまでの関係になっていたのです。それは、芸能界への道を歩き始める前の自分のように。

めったに会えない両親に会いたい。そのために両親の近く、つまり芸能界に行きたい。そうして努力して積み上げてきたものを捨て去るのが怖くて、こうしてメンバーから離れてしまった。
ansta108-4
これは誰もが認める賢明な判断で、きっと将来は安泰。ただし、そこに幸せはない。でもそういう道を自分は歩き始めてしまった。もうみんなに合わせる顔はない。そんな思いに支配される北斗くんなのです。

【最後に】回り道だけど

メインストーリー第百八話、「後悔」のストーリーレビューでした。
後悔の念に支配される北斗くん。そんな彼の気持ちが晴れるにはどうしたらよいのでしょうか。

 - あんスタ攻略 ,