あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

*




【あんスタ攻略】メインストーリーレビュー:第四部「Kingdom」第六十六話「主役」

   

あんスタのメインストーリーをレビューする記事です。ネタバレを含みますので、ご自身で楽しみたい方はご注意ください。今回は第三部「Kingdom」の第六十六話「主役」です。

第四部「Kingdom」/第六十六話「主役」概要

シナリオライター 日日日
登場人物 葵 ひなた、葵 ゆうた、明星 スバル、氷鷹 北斗、遊木 真、衣更 真緒
時期

第四部「Kingdom」/第六十六話「主役」レビュー

2winkの呼び込みにより続々と舞台に登場するTrickstarのメンバーたち。北斗くんに続いてスバルくんの登場です。

カッチカチの表情だった北斗くんとはうって変わり、「みんな楽しんでいってねー」などと観客に満面の笑顔を振りまきます。これには北斗くんも感心しきり。舞台で演目を披露することを本当に嬉しく思い、プレッシャーすら喜びにして前へ進める、それがスバルくんの長所だと北斗くんは分析します。
ansta66-1

しっかり観客と向き合い、笑顔を向けるこの様子は、紅月にはなかったものだと。相手が誰でも、どんな舞台でも淡々と演目をこなす紅月は、それで勝利できてきたからこそ観客を忘れがちだった。

ただ、それではアイドルとして肝心なことは抜け落ちているのだと。誰に向かって歌うべきなのかを、スバルくんは教えてくれるんだと感じているようです。
ansta66-2

続いて紹介されるのは、「変幻自在の魔術師」こと真緒くん。「Trickstarは全員がスーパースター」なんて、双子からものすごい煽り文句が入ります。
ansta66-3

先に登場した3人を見て気合の入る真くん。期待していた煽り文句は・・・「眼鏡の人」。リアルに名前を忘れられたのか、いじりキャラとしての役回りなのかは分かりませんが、仕方ないので自分で自己紹介する真くんなのでした。

いじりキャラは必要なんだと考えている北斗くん。紅月のような完璧さを見せられても息が詰まる上、仮に失敗しても、そういうキャラだと認識されていれば「愛嬌」になるからとのこと。ほかの3人に真くんが必死で追いすがる構図はおいしいとのことです。
ansta66-4

そして、短い時間でTrickstarの見方を観客に示してくれた2winkに感謝しきりの北斗くん。いよいよTrickstarが自分たちの力で立ち上がるときです。

【最後に】主役の登場

メインストーリー第六十六話、「主役」のストーリーレビューでした。
お膳立てはここまで。あとはTrickstarにすべてが託されました。いよいよ始まります。

 - あんスタ攻略 ,