あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

*




【あんスタ攻略】メインストーリーレビュー:第三部「Revolution」第六十話「老獪」

      2016/10/05

あんスタのメインストーリーをレビューする記事です。ネタバレを含みますので、ご自身で楽しみたい方はご注意ください。今回は第三部「Revolution」の第六十話「老獪」です。

第三部「Revolution」/第六十話「老獪」概要

シナリオライター 日日日
登場人物 神崎 颯馬、蓮巳 敬人、朔間 零
時期

第三部「Revolution」/第六十話「老獪」レビュー

両ユニットのメンバーが揃い踏み。対決のスタートです。
零くんに対し、「何を目論んでいるかは知らんが全力で叩き潰す」と宣戦布告をする敬人くん。自分に完璧で清廉な学院を維持する使命があると燃えています。
ansta60-1

それに対し、かつて伏魔殿のようだった学院に秩序を取り戻した生徒会の功績は大きいと言う零くん。自身も学院を荒らし回っていた「五奇人」の一人として、それは認めるとのこと。
一方で、歴史は繰り返すという零くん。次は生徒会が狩られる番であり、「ゴミ袋に詰められ捨てられる番じゃ」と譲りません。

ansta60-2「これはあなたの復讐なのか」と零くんに尋ねる敬人くん。それに対し、「もはや五奇人も三人となった。我らの時代ではない」と復讐であることを否定する零くん。
「新しい朝陽が差し込む前に、夜間に渦巻く因縁を解消しにきた」と、過去を精算するための行動であることを匂わせます。

ansta60-3

話していても埒が明かないと踏んだか、敬人くんはユニットの布陣を変えるようメンバーに指示をします。両ユニットが入り混じっていては観客が見づらいため、舞台を2つに分け東西にそれぞれのユニットを配置。陣取り合戦の要領で戦い、舞台を制した方の勝ちとしました。
反逆者を血祭りにあげると、気合い充分な敬人くんです。

ansta60-4
この提案に対し、人数の多いUNDEADにより広い領域を提供するよう求める零くん。そして、これをきっぱり拒否する敬人くん。
早速状況に対応してきた紅月に対し、さすが常勝不敗のユニットだと感心する零くん。形式通りにやってしまえば、奇襲によるアドバンテージはなくなり、伝統芸能が有利になると思案します。とはいえ、ある程度の譲歩は必要だと考えているようです。

ansta60-5今はまだ、観客が対バン形式のパフォーマンスと思っているから、最後までそう思わせておくべきだと考える零くん。
自分たちは勝てなくても良いから、紅月を少しでも動揺させてTrickstarの存在を忘れさせるのが真の狙いのようです。

ansta60-6紅月とUNDEADのパフォーマンスが水と油のように混じり合わないことに、焦りを覚える敬人くん。なぜかUNDEADの出場申請が受理されていたことに対して疑問を覚える敬人くんでしたが、ここはパフォーマンスでねじ伏せるのみ、自分たちにはそれができると、ひとまず目の前の事態に対処する意気込みです。
ansta60-7

【最後に】真の狙い

メインストーリー第六十話、「老獪」のストーリーレビューでした。
UNDEADの、いや零くんの真の狙いが明らかになりましたね。事態はどのように推移するのでしょうか。

 - あんスタ攻略 ,