あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

*




【あんスタ攻略】メインストーリーレビュー(第三十七話「血汗」/第三十八話「暗闇」)

      2016/07/13

あんスタのメインストーリーを2話ごとにレビューします。ネタバレを含みますので、ご自身で楽しみたい方はご注意ください。今回は第二部「Rebellion」の第三十七話「血汗」、第三十八話「暗闇」です。

第二部「Rebellion」/第三十七話「血汗」

シナリオライター 日日日
登場人物 氷鷹北斗、遊木真
時期

場面変わって軽音部の部室です。もうすっかり日も落ちています。それぞれの特訓を終えてぐったりした表情の、北斗くんと真くん。お互いに地獄を味わったようです・・・
これが二週間続くことにうんざりした表情の真くん。「途中で死んだら後のことは頼む。悪魔に魂を売り渡したのかも。」と北斗くん。 これで生徒会に勝てなかったらまじめにショック死するかもと真くんですが、そうならないためにも勝つしかないですね。
ansta37 (1)

北斗くんに涙のあとを見つけた真くん。北斗くんの練習は笑い泣きさせられたようです。リラックスして柔軟になるべきだとの理由で双子の漫才を見せられ、笑わずにいたら全身をくすぐられたとのこと。さらに、柔軟性を養うという名目で酸っぱいものをたくさん食べさせられた様子。その他色々謎の練習をしたようですね。面白くないものを笑うというのは確かに拷問かもしれませんw

ansta37 (2)おかげでお笑いに詳しくなったという北斗くん。アイドルのはずですが・・・ 北斗くん自身も漫才をやらされたとのこと。もう思い出したくもないようですね。「馬鹿になれ」と言われてそのとおりがんばった北斗くん。真面目な彼には過酷な特訓だったことでしょう。

ansta37 (3)そして真くんのほうは、肉体的な特訓だったようです。晃牙くんに竹刀でぶたれながら筋トレや走り込み。さらに、臆病な性格を矯正するとかいう目的で、屋上からバンジージャンプをさせられたとのこと。なんと恐ろしい・・・
さらには、爬虫類がうごめいている穴に落とされたり、バイクに乗せられてチキンレースしたり、モデルガンで撃たれたり・・・ 真くんでなくても、アイドルの特訓か?と思ってしまいますよね。

ansta37 (4)ふたりとも、アイドルとはかけ離れた「特訓」を受けて、真くんはちょっと疑問を抱いている様子。ただ、北斗くんはこれは必要な特訓なんだと言い聞かせてやらないと、心が折れそうだから疑うなと諌めます。
やるしかないんだと、まあ北斗くんも若干の疑問があるようすですが・・・

ansta37 (5)
さて、こうしている間にもスバルくんと転校生はのんきにデートしているんだと想い出す真くん。ずるいよなと返す北斗くん。ユニットなんだから同じ苦痛を味わうべきだと、なにやら笑顔を浮かべるふたり・・・
そんな話をしていると、転校生が1人で現れました。スバルくんに何かあったようですが?

ansta37 (6)


第二部「Rebellion」/第三十八話「暗闇」

シナリオライター 日日日
登場人物 明星スバル、氷鷹北斗、遊木真
時期

転校生に呼ばれてやってきたのは講堂でした。ドリフェスも終わり真っ暗な講堂の中に、元気なさそうなスバルくんがいます。いつもと違うスバル君の様子に戸惑う北斗くん。なにやらドリフェスでなにかショックな出来事があったようなのですが・・・
ansta38 (1)

ようやく反応を示したスバルくん。突然叫んだかと思うと、北斗くんに抱きついてきました。スバルくんから聞き出すのは大変だと察した真くんは、ドリフェスの映像を確認することにしました。どうやら、公式のドリフェスはすべてサイトにアップされるそうです。
映像を確認した真くん、編集の甘さが気になる様子。いつもなら仁兎なずなくんがしっかりやっているはずとのことですが、今日は違うのでしょうか。

ansta38 (2)
なにはともあれ、映像を確認する北斗くんと真くん。スバルくんは紅月を見て落ち込んでいるのかと考えた北斗くんですが、その程度で落ち込むはずはないとも。紅月の圧倒的なパフォーマンスには、ふたりも感心するばかりです。
特に、副会長の敬人くんは完璧との評価。タイプ的に北斗くんと似ているのですが、すべてにおいて格段に上と認めざるをえないようです。

ansta38 (4)そして、豪快なパフォーマンスを見せる鬼龍紅郎くんも紅月にはいます。その身体能力で地味な紅月のパフォーマンスに緩急を生んでいます。タイプの違うこのふたりが組むことで、他を寄せ付けないパフォーマンスを展開しているのが紅月なのです。
そして、二年生メンバーであり同じクラスの神崎颯馬くんもここに所属。高い身体能力をもちながらも、しっかりサポートに徹していることが、紅月の魅力を高めているのです。

ansta38 (5)これを見てしまったのならスバルくんが圧倒されるのも仕方ないという北斗くんですが、そうではないとスバルくんは言います。問題はその後。地獄だったというのです・・・

【最後に】スバルくん放心の理由は?

三十七話、三十八話のストーリーレビューでした。
各々に感情を揺さぶられた放課後だったようですね。圧倒的な紅月のパフォーマンスより、スバルくんがショックを受けてしまったものとは。

 - あんスタ攻略 ,