あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

*




【あんスタ攻略】メインストーリーレビュー(第二十七話「咆哮」/第二十八話「光明」)

      2016/07/09

あんスタのメインストーリーを2話ごとにレビューします。ネタバレを含みますので、ご自身で楽しみたい方はご注意ください。今回は第二部「Rebellion」の第二十七話「咆哮」、第二十八話「光明」です。

第二部「Rebellion」/第二十七話「咆哮」

シナリオライター 日日日
登場人物 葵ひなた、葵ゆうた、明星スバル、氷鷹北斗、大神晃牙、朔間零
時期

さて、そうこうしているうちに、猿ぐつわで口をふさがれ縄で縛られていた晃牙くんが、脱出に成功したようです。案の定お怒りのようで、また「ぶっ殺す」なんて穏やかじゃない言葉を放っています。もっとも、零くんは冷静なんですがね。駄菓子をやろうってw
ansta27 (1)

そして、転校生とA組の3人(スバルくん、北斗くん、真くん)がいることにお怒りの晃牙くん。零くんは「お主が迷惑かけたから謝罪する機会を設けた」といいますが、もちろん素直に謝るはずもなく。「ほけっと立っていたほうが悪い」と譲りません。
ただ、どうやら転校生のことも心配していたようで、それを零くんに指摘されるとまたまた「殺す」なんて言葉が。素直じゃないですねえ。

ansta27 (2)ただめる双子に対して、「吸血鬼ヤローに付き合ってるんじゃない」と怒る晃牙くん。そしてその言葉は「Trickstar」にも向けられていたようで、「その女をちゃんと守ってろよ!吸血鬼ヤローなんぞにつけこまれやがって」と、お叱りを受けてしまいます。

ansta27 (3)「耳が痛い」と言う北斗くん。しかし、これも何かの縁だと思ったようで、零くんに協力を要請します。生徒会に拮抗しうる「三奇人」の助力があれば心強いと。そして、零くんこそが求めていた指導者になりうると。ここは争うのではなく、少しでも協力者を増やして生徒会と戦いたいと言うのです。

ansta27 (4)しかし、これを「虫のいい話」と一蹴する零くん。確かに、零くんには得はなさそうです。そもそも「三奇人」なら北斗くんの親玉、つまり演劇部部長の日々樹渉くんがいるだろうと言われます。ところが北斗くん、「変態だから話が通じない」とばっさりw もちろんそれだけではなく、渉くんは生徒会ユニットである「fine」に属しており生徒会よりだとのことなのです。
ansta27 (5)
それにはやや納得した表情の零くん。小賢しいが自分に頼みにきたのは正しいと言います。「三奇人」のあと1人ある深海奏汰くんはさらに言葉が通じない「宇宙人」だそうですw
ansta27 (6)

生徒会の暴虐には耐えかねていると話す零くんですが、それでも生徒会が秩序になっている現状で、あまり手を出したくないとも。それでも、自分をその気にさせる「何か」がTrickstarにあれば、手を貸してくれると言うのです。輝きをもっているかと尋ねる零くん。「金がほしいのかいやしんぼめ!」というスバルくん。いやいや・・・
ansta27 (7)
とりあえず話はここまでにして、転校生の救出を優先したいという北斗くんなのでした。どうしたら零くんを説得できるのでしょうか!


第二部「Rebellion」/第二十八話「光明」

シナリオライター 日日日
登場人物 明星スバル、氷鷹北斗、朔間零
時期

ここで転校生に目を移す北斗くん。双子と遊んでいるように見えたようですが、零くんによると「品定め」とのこと。転校生に関してはデータがないため、いろいろ試しているのだそうです。歌唱力、ダンス力などすべてにおいて足りないと判断したようですが、「アイドルではなくプロデューサーなので仕方ない」と納得します。
ansta28 (1)

試すために転校生を連れてきたのかとややお怒りの北斗くんと、それを否定しない零くん。何もできないとは言ったものの、「一生懸命で、何もできん、何も知らんのに自分にできることを必死で探しておる」と、かなりの好印象のようです。

ansta28 (2)そして、北斗くんに対して、「彼女は保健室で、独白を、魂の叫びを聞いていた」と告げます。クールな外面の下に隠された激しさに触れたことで、居ても立ってもいられなくなったのだと伝えるのです。
ただ、今のところは「優しさだけがとりえ」の子。そんな彼女だけに恥をかかせていいのか、がんばらせていていいのかと説教します。自分を説得する前にやるべきことがあるだろうと。

ansta28 (3)「Trickstar」としての輝きを見せてくれと、零くんは言うのです。転校生こそ、その輝きを何倍にも何十倍にもする触媒であり希望の光であるとも。

ansta28 (4)零くんの言葉に大切なものを気付かされた北斗くん。「今はおまえだけを見ていよう」「おまえの気持ちに応えよう」「ありがたいその心に触れて、大事にしよう」と、立て続けにドキドキする言葉を放ってくれます。
そして、輝き、歌や踊り、それを見て品定めをしてくれと零くんに伝えます。「(アイドルである)俺が輝けたのなら、それは(プロデューサーである)彼女が輝かせたんだ」として、転校生の品定めはそこでしてくれと零くんに伝えました。

ansta28 (5)
そして、一緒に歩いて行こうと。もちろんスバルくんや真くんも同じ気持ちです。血気盛んな様子のTrickstarに対し、満足気な表情を浮かべる零くん。これこそ待ち望んでいたもののようですね。「長生きはするもんじゃ」って突っ込んでいいのやら・・・まあ今は気にせずにおきましょう!
ansta28 (6)

ansta28 (7)

【最後に】輝けTrickstar!!

二十七話、二十八話のストーリーレビューでした。
なんとなく、零くんが協力してくれそうな雰囲気になってきました。Trickstarはその輝きを示すことができるのでしょうか?

 - あんスタ攻略 ,