あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

あんさんぶるスターズ攻略まとめラボ|あんスタリセマラ・キャラ情報

*




【あんスタ攻略】メインストーリーレビュー(第五話「立場」/第六話「新風」)

   

あんスタのメインストーリーを2話ごとにレビューします。ネタバレを含みますので、ご自身で楽しみたい方はご注意ください。今回は第一部「Hierarchy」の第五話「立場」、第六話「新風」です。

第一部「Hierarchy」/第五話「立場」

シナリオライター 日日日
登場人物 明星スバル、氷鷹北斗、遊木真
時期

ごきげんなスバルくん。天気が良くてテンションが上がっているみたいです。そして、そんなスバルくんに突然話をふられて、あたふたする真くん。このふたりの関係は安定ですよね。「高校生だけに光合成」・・・うん、まあいいでしょう。
ansta56 (1)

そんなスバルくんですが、「北斗くんのさっきの説明に分からないところがあった」とのこと。そもそも転校生はどういう立場なの?と、当然ながら核心を突く質問をします。真くんも、男子しかいないアイドル科にやってきた転校生については疑問に思っているようです。

「女装した男性アイドルみたいな、特殊なアレじゃないよね?」と言われてしまいますが、まあしかたのないことでしょう。転校生はれっきとした女の子です! たぶん。
ansta56 (2)
夢ノ咲学院には普通科もあり、そちらには女子生徒もいるようです。ただし、アイドル科とほかの学科の敷地は塀や受付で区切られており、交流はほとんどない様子。それゆえ、アイドル科の建物には更衣室やトイレなど、女子生徒用の設備が整っていないようです。

当面は職員や講師用のものを使うことになるようですが、それにしても準備不足感はありますね。
ansta56 (3)
実は転校生、アイドル科が来年から男女共学になるのに備えたテストケースなんだそうです。アイドル業界を考えると、その市場規模と熱気は年々拡大しています。これまで多数の男子アイドルを輩出してきた夢ノ咲学院ではありますが、時代の流れに合わせて変革を進めるようです。

さらにいえば、アイドルに限定せず声優や俳優、音楽家などを広く要請する学園となっていく予定なんだとか。
ansta56 (4)
転校生はそんな方針によって新設される学科、「プロデュース科」に所属することになるようです。それにしても、女子1人をいきなり放り込むとか、なかなか思い切ったことをしますよねw
ansta56 (5)


第一部「Hierarchy」/第六話「新風」

シナリオライター 日日日
登場人物 明星スバル、氷鷹北斗、遊木真
時期

「プロデューサー」ということなのですが、この夢ノ咲学院には、これまでそういう立場の人はいなかったようです。何かあれば教師が代行しており、特に不都合もなかったとか。ただ、教師も日常の業務がありますし、それをプロデューサーとして生徒が請け負ってくれれば助かるのだろうと北斗くんは分析しています。本当に冷静ですよね。
ansta56 (6)

「どうりでアイドルっぽくないなぁとは思ったけど」と真くん。それはどういう意味ですかね・・・ さっきの「実は女装した男じゃないか」発言に続き、悪気はないんですよね。たぶん。

ansta56 (7)今のところプロデュース科は転校生1人ですので、授業も教室もアイドル科と同じものを利用するとのこと。転校生はもともと普通科に入る予定でしたが、学院側に新しく出来たプロデュース科に入ってみないかと勧誘を受け、プロデュース科に入ったようなのです。

どうやら、プロデュース科の新設や転校自体急遽決まった話のようで、北斗くんはそれにきな臭さを感じている様子。たしかにそうですよね。これは転校生自体がなにか特別な存在なのか、それとも学院側の陰謀に運悪く巻き込まれたのか(ちょっと大げさかも)。そのあたりは今のところよく分かりません。

ansta56 (9)
学院側の無謀さもありますが、そんな状況を受け入れた転校生に驚く真くん。そりゃそうですよね。もしや、よっぽど男好き・・・ということはないでしょうが、非常に男前な行動です。
ansta56 (10)

「前の学校で何かあったのか」とあれこれ勘ぐる北斗くんですが、新しい学校でまったく新しいことに挑戦しようとする転校生の気概は賞賛してくれるようです。応援ありがとう!

ansta56 (11)

そして、高校生活のうちからアイドルとプロデューサーが接点を持てるのはメリットがあると力説する北斗くん。「今後ともご贔屓にお願いしますプロデューサー! よっ大統領☆」と、急に話に入ってきたと思ったら妙に調子がいいスバルくんw
ansta56 (12)

そして北斗くんは、学院としてプロデューサーを育成することのメリットに気づいたようです。「アイドルだけを量産しても、それを活かせる場や人材がなければ宝の持ち腐れになる。アイドルも、プロデューサーもバランスよく育成することで、芸能界で働くものの大半を夢ノ咲学院の卒業生で構成することも可能かもしれない。」

ansta56 (13)

これが事実だったら消されてしまうんじゃないかと思うような陰謀ですねw
女子生徒である転校生の加入により、何かが変わろうとしている夢ノ咲学院。どうやらスバルくんたちも現在のシステムには不満を持っているようですね。そんな話をしていると食堂で何やら騒ぎが。

ansta56 (14)

ansta56 (15)
波乱の学院生活のスタートです。

【最後に】転校生の正体は・・・

転校生の立場について話が進みました。なんだか謎めいていますが、学院を変えるきっかけになりそうな予感がしますね。

 - あんスタ攻略 ,